MulchTimeMeter

FXで上位足の状況から迷わず決めれるトレンドフォローの売買根拠

今回紹介するのは「MulchTimeMeter」という他の時間足の相場状況を確認するためのインジケータです。

 

見ている時間足によっては上昇トレンドでも、もっと長期の時間足では下降トレンドで一気に相場状況が変わってしまうことも考えられます。この「MulchTimeMeter」では時間足を変更しなくても、上位足の状況を把握することが可能になるサポート型のインジケーターになるので、トレンドを見誤ることなく相場の流れに乗れるようになりましょう。

 

【こんな人にオススメ!】
・上位足の状況を見ているチャートで表示させたい
・上位足の分析を行うのがめんどくさい
・大きなトレンド最中の押し目をトレンドとよく勘違いしてしまう

 

 

上位足の方向性を3種類から表示

例えば1時間で上昇トレンド中に5分で押し目買いをする際に、同じ通貨で1時間足と5分足の2つのチャートを開かなくてはいけません。

この「MulchTimeMeter」では、5分足のみの見ている時でも1時間足の相場状況を確認をすることが可能です。

Mulch_Time_Meter

「MulchTimeMeter」の表示の種類は主に3つです。

  1. 上昇トレンド相場
  2. レンジ相場
  3. 下降トレンド相場

 

「MulchTimeMeter」では、この3つの方向性を矢印で表示することできるようになるため、短い時間で取引を行う投資家にとっては上位足の相場状況を確認する手間を省くことができます、

 

上昇トレンド相場が上位足で発生している場合

上昇トレンド

これはメーターに表示されている時間足の相場状況が上昇トレンドに近い状態であることを示しています。

上位足が上昇トレンド中に下位足で押し目買いを狙うといった売買方法を狙うことができます。

 

レンジ相場が上位足で発生している場合

レンジ相場GC レンジ相場GC

これはメーターに表示されている時間足の相場状況がレンジ相場に近い状態か、エリオット波動の2派と4派に近い状態であることを示しています。また、このレンジ相場が「MulchTimeMeter」で発生した際には「ゴールデンクロス中」「デッドクロス中」という2種類の表記があります。

 

これは「ゴールデンクロス中」「デットクロス中」の2つが異なる条件を満たすことで変化します。

上昇トレンド中の場合には、上位足で上昇トレンドが発生しており、エリオット波動(2派と4派に近い状態)という状況であると予測できることから、大きな上昇トレンドの押し目に当たる下降最中で「デットクロス中」と表記されます。

 

そして下降トレンド中の場合には、上位足で下降トレンドは発生しており、エリオット波動(2派と4派に近い状態)という状況であると予測できることから、大きな下降トレンドの一時的な上昇最中で「ゴールデンクロス中」と表記されるようになっています。

 

下降トレンド相場

下降トレンド

これはメーターに表示されている時間足の相場状況が下昇トレンドに近い状態であることを示しています。

上位足が下昇トレンド中に下位足で戻り売りを狙うという売買方法を狙うことができます。

 

通貨と上位足の時間も表示される

その他の機能には、以下のように通貨と相場の状況を表している時間足を表示してくれます。

通貨と確認している時間足

上記の画像の矢印(赤色)で指している一番上の枠は「通貨」と「確認している時間足」です。

 

MulchTimeMeterでは「Auto」と「Manuel」の2つのラインナップがありますが、それぞれ特徴がことなったインジケーターになっています。

 

「Auto」はその名の通り時間足を切り替えることで、自動で上位時間足の表示に切り替えてくれます。

これはFXを初めたばかりの初心者の方向けになります。

 

「Manuel」に関しては、パラメータから任意で表示させたい時間足を選択することが可能な仕様になっています。

これはある程度取引を重ねて、売買根拠や分析方法が確立されているのツールになっています。

 

相場の売買勢力を数値化

現在の時間足の相場の強さ

次に矢印(赤色)の部分にあたる、上から3つ目の枠のご説明をします。

これは、オシレーター系の指標からなる値になっており、65以上は「買われすぎ」、35以下「売られすぎ」、65以下〜35以上は「どちらでもない(レンジ)」と判断できるようになっています。

相場の過熱感を数値化したもので、高けれ高いほど上昇の勢いが強く、低ければ低いほど下降の勢いが強いと判断することができる、トレンドの強さも指数として測ることができます。

注意していただかなくてはいけない点として、このオシレーター系の指標は上記で述べた一番上の枠の時間足の数値ではなく、現在開いている足での買われすぎ売られすぎを示す数値になっています。

 

ローソク足の切り替わり時間を表示

次の足までの残り時間

最後になりますが、4つ目の枠の説明です。

この枠では現在開いている時間足が次の足き切り替わるまでの残り時間を表示しています。

バイナリーオプションをやられている方などにも人気の機能になっております。

 

インジケーターのダウンロードと購入

当サイトのインジケータデータは無料でダウンロードすることが可能ですが、ライセンスを購入しMT4・MT5の口座番号を認証しないと起動しないようになっております。

使用されたい方はOnlineShopよりライセンスのご購入をお願いいたします。
また、購入前のご質問などはLINE@より受け付けていますのでご連絡いただければと思います。

MT4専用

『Mulch_Time_Meter_Auto』をダウンロードする
※データをダウンロードしただけでは使えません。

『Mulch_Time_Meter_Auto』のライセンスを購入する

 

『Mulch_Time_Meter_Manuel』をダウンロードする
※データをダウンロードしただけでは使えません。

『Mulch_Time_Meter_Manuel』のライセンスを購入する

MT5専用

『Mulch_Time_Meter_Auto_mt5』をダウンロードする
※データをダウンロードしただけでは使えません。

『Mulch_Time_Meter_Auto_mt5』のライセンスを購入する

 

『Mulch_Time_Meter_Manuel_mt5』をダウンロードする
※データをダウンロードしただけでは使えません。

『Mulch_Time_Meter_Manuel_mt5』のライセンスを購入する

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。