3つのトレードスタイルから見つけるFXで最適な取引のやり方

FXの舞台である外貨為替市場は、24時間取引が可能です。

しかし、現実的に24時間取引を継続して利確、損切りを繰り返す人ことは不可能ですし、必ず相場状況が悪くなるときというのは存在するはずです。
■タイトルはこちら■
まrldまヵ
dさfさfjだ

かといって限れた時間の中で無理に利益を出そうとすると、かえって大きな損失の引き金になってしまうこともありえます。

 

今回の記事では、FXにおけるトレードスタイルを3つご紹介していきたいと思います。

空いた時間に取引を行うのではなく、あなたに合ったトレードスタイルを確立して安定した利益を出せるようになりましょう。

 

【こんな人におすすめ!】
・トレードスタイルが確立していない
・取引する時間や期間が決まっていない
・短時間の取引で無理に取引してしまう

 

 

FXでのトレードスタイルは「短・中・長期」の3つから選ぶ

 

FXでは24時間取引ができるといっても、ほとんどの人が限られた時間の中で取引を行います。

人によっては取引時間が毎日変わると言う人もいますが、経済指標や要人の発言といったファンダメンタルズ次第で見ている時間で取引が難しく感じてしまうことも少なくないはずです。

 

そのためまずFXを始めたばかりの初心者が決めるべきは、その程度の時間で取引を行うかということです。

基本的に3つのトレードスタイルがFXにはあります。

  1. スキャルピング
  2. デイトレード
  3. スイングトレード

 

この3つは簡単にいってしまえば「短期」「中期」「長期」でポジションを保有する期間が異なるだけです。

しかし、保有する期間を決めておくことで、エントリーするまでの条件や利確、損切りの条件を頻繁に確認する必要がなくなるので、長期的な運用な方がやりやすい傾向があります。

 

「短期」の場合は取引の回転率が高いため利益は発生しやすいですが、そのぶん損失も発生しやすいのでかなり上級者向きといえるでしょう。

 

それぞれの強みや弱みを把握しながら、あなたに最適なやり方を見つけることは相場環境に左右されずに安定した利益を生むために必要なことです。

次はそれぞれのトレードスタイルのメリットやデメリットをお伝えしていくので、あなたの生活や資金状況に合った最適なトレードスタイルを確かめてみてください。

 

トレードスタイル①「スキャルピング」

スキャルピングとは、取引時間が数分〜数時間という短時間の取引のことを言うトレードスタイルのこと。

そのポジションを保有する時間の少なさから、取引における回転率が高く、利益が発生しやすい傾向があります。しかし、その短時間におけるトレードスタイルは、難易度の高さからかなりハードルが高いトレードスタイルになります。

 

初心者や中級者は基本的に勝つことが難しいことはもちろん、上級者でさえ運による要素が大きくなってしまいます。

また、売買によって狙う値幅も10pips程度を利益とするやり方になるので、予測が外れるとすぐに損切りができなければ大きな損失になります。

 

大きなトレンドとは関係なく、瞬間的な値動きを狙っていくやり方になるので、1日でも頻繁に変わる相場に対応する相場環境適応能力が必要な能力になります。

チャート画面をずっと眺めていないといけないのでメンタル的にも不安定になりますが、損切りも自分自身ですぐに行えるため被害が大きくならないという利点もあります。もちろん、メンタル的に「いつかは値段が戻る…」といった希望的な取引をしなければの話ですが…。

 

トレードスタイル②「デイトレード」

デイトレードは、FXをやっている投資家の中では最も多いトレードスタイルです。

そのスタイルはスキャルピングよりも長く、ポジションを保有する期間が数時間〜数日という売買方法になります。

 

最低でも数時間程度は取引を行うため、チャート画面をずっと見なければいけないというようなスキャルピングとは違い、落ち着いた取引を行えます。

 

早くて1日のうちにポジションの利益確定をして完結させることに大きな意味をもつデイトレードですが、日中働いているサラリーマンやOLといったずっとパソコンに張り付くことが難しくても取引ができるため、基本的にFXをやっている人はデイトレードを基本としている人が多数です。

 

 

トレードスタイル③「スイングトレード」

スイングトレードはデイトレードよりもポジションの保有期間が長く、数日から数週間という長さで待ちます。

上手いタイミングでポジションを保有することができれば、流れに乗って大きな利益を出すことができるトレードスタイルになりますが、あまり大きい金額でポジションを保有すると大きな流れで思わぬ損失が発生してしまうことがあるので注意っしておきましょう。

 

スイングトレードであれば、1回あたり100pips、円ベースなら1円を目標として取引する投資家が多くなっています。

 

ポジションを保有する期間が長いため辛抱強く待つ必要はありますが、それでも短時間で大きな損失を出したり、メンタル的に損切りや利確ができなくなるといった精神的障害が発生しずらいのも投資家にとっては好まれるスタイルです。

 

短時間な取引スタイルほど一瞬の値動きで一喜一憂してしまいがちです。

しかし、スイングトレードのような長期間保有するトレードスタイルなら、取引金額とどこでポジションを保有するのかさえ抑えておければ、利益を出すことが難しくない売買方法です。

 

トレンドのなるトレードスタイルが軸になるので、一定のトレンドが出ているときに参入することが成功の秘訣です。

 

相場に応じてスタイルを変えるか、確立して挑むか?

「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」の3つのトレードスタイルは、取引時間が短いほど難易度が高くなります。

 

利益を早く出したいがため、FXを始めたばかりの初心者は「スキャルピング」で大きな利益を狙う人がいます。

しかし、その結果大きな損失が発生して取引自体ができなくなる人も少なくありません。

 

逆に取引時間が長すぎるスイングトレードでは、ポジションを保有していることを忘れてしまったり、利益や損失を我慢できないという人もいます。人によってトレードスタイルは変化しますが、初心者の人はデイトレードのように取引が比較的やりやすいトレードスタイルから入ってみましょう。

 

中には相場状況に合わせて投資スタイルを変更するという人もいますし、自分の性格がどういったトレードスタイルに合っているのかをよく考えて選択することが大切です。

 

FXで大きなポジションを保有すると、思いのほか損をしたくないという精神的なプレッシャーになりますし、逆に少なすぎると物足りないと感じてしまいがちになります。

 

そのため、まずはデモ取引などで利益が安定し、自分に向いているスタイルを確かめてみてからトレードスタイルを模索してみてください。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。