• HOME
  • ブログ
  • 準備
  • MT4&MT5(メタトレーダー4&5)のプッシュ通知をメールで受信する方法

MT4&MT5(メタトレーダー4&5)のプッシュ通知をメールで受信する方法

独自に開発したインジケーターや設定次第で取引の幅が広がるMT4とMT5ですが、メールで取引の状況やエントリーポイントが訪れたときに通知を受け取れるのをご存知でしょうか。

 

日中外出先でMT4・MT5を確認して取引状況を確認するのも悪くありませんが、わざわざ取引の状況を気にしてMT4でポジションを確認したり、つい忘れてしまったという人は少なくありません。

 

また、インジケーターの設定やEAのよっては取引を開始したり、エントリーポイントが間近になるとアラームで知らせてくれるものもありますよね。そういった細かい通知をメールで受け取れるようになれば、わざわざスマホでMT4の状況を頻繁に確認しなくても、事前に設定した価格に近づくと知らせてくれるので便利です。

 

今回の記事では、MT4で設定したメールアドレス宛にアラートを受信する方法を解説していきます。

デイトレやスイングトレードをメインに取引しているものの、日中働いている人はぜひ導入してみましょう。

 

【こんな人にオススメ!】
・日中働いていて頻繁にスマホでMT4を確認したくない
・外出先でエントリーポイントがきたら知らせてほしい

 

MT4の通知をメールで受信するための手順

MT4とMT5でのプッシュ通知をメールで受信するための手順は2つあります。

  1. MT4&MT5でメール送信の設定をする
  2. メールのアカウント保護を解除する(Gmailのみ)

 

基本的にMT4とMT5での設定方法は同じになりますが、Gmail以外であれば手順はもっと簡単になります。

 

①MT4&MT5でメールを送信するための設定を行う

インジケータでメール機能を有効化するためには、予めMT4とMT5側で設定を行う必要があります。

設定はまず、「ツール」をクリックしたあとに「オプション」を選択しましょう。

するとオプション画面が新しいウィンドウで表示されるので、次は「E・メール」のタブをクリップしましょう。

合計5つの項目が表示されたはずです。

 

IDとパスワードについては利用しているメールサービスのログイン情報を入力しましょう。

サーバーについては各メールサービスを参照してもらうと分かりますが、以下を参考にしてみてください。

  • SMTPサーバーにsmtp.gmail.com:465(gmailの場合)と入力
  • yahooメールの場合はsmtp.mail.yahoo.co.jp:587と入力
  • その他のメールはそのメールのSMTPサーバーのアドレスを入力
  • ID・パスはそのメールのログイン用のもの
  • 送信先は好きなメアド、送信元のメアドのプロパイダ(googleならgoogle)からのメールが受信可能である必要があります。

 

上記設定が完了したらテストをクリックしてOKをしましょう。

 

②メールアカウントの保護を解除(Gmailのみ)

先程の設定を入力し、テストクリックして問題なくメールが受信されていれば問題ありません。しかし、Gmailでは怪しいメールからの受信としてブロックされてしまうことがあります。

そのため、Gmail側の設定で保護を解除しましょう。

恐らくGmailで登録した人には上記画像のようなメールがGoogleから届くはずです。

MT4&MT5が「あなたに変わってメールを受信しようとしていますが大丈夫ですか?」という内容になりますが、メール内のリンクをクリックし、次の画面で「安全性の低いアプリのアクセス」をオンにするようにチェックしましょう。

 

なお、オンに設定を変更することで脆弱性が高まる危険性がありますので、普段利用しているメールアドレスで使うのに不安がある場合は、捨てアドやあまり使っていないメールアドレスを利用しましょう。

 

受け取るメールはGmailでも問題ありませんが、気づかなかったということがないようにスマホで通知がいく設定は行っておきましょう。Gmail以外は脆弱性を高める設定は必要がありませんが、受け取るメールは何でも問題ありませんので自由に設定してください。

 

以上がMT4とMT5でプッシュ通知をメールで受け取る方法になります。

日頃忙しくてポジションを保有していたのを忘れてしまう人やエントリーチャンスを見逃したくない人は、ぜひ導入して取引の幅を広げてみましょう。

 

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。